活動実績

台湾とのコネクション

政界との交流

  1. 国民党
    理事長の最初の勤務先であり、約20年間の人脈が現存する。
  2. 民進党
    陳水扁総統時代8年間のぬ本工作の担当であり現在も、様々な相談を受ける。
  3. 李登輝
    訪日ビザの問題で、大きな運動を日本で行い、『台湾がめざす未来』出版を理事長が開催する。
  4. 外交部 亜東関係協会
    現在の台北駐日経済文化代表処(日本にある台湾の大使館)。外交部の下部組織。(日本にある台湾の大使館は外交部の下部組織。)
    現在の同協会秘書長 羅坤燦
    前々協会秘書長黄明朗氏と当会理事長は30年来の友人であり、日本との交流の総責任者。
  5. 忠烈詞・中正記念館・台北博物館
  6. 公益財団法人交流協会 日本交流協会 台北事務所(台湾にある日本の大使館にあたる)

官の組織

  1. 行政院国軍退除役官兵補導委員会

※台湾経済の15%のシェアを持ち、デパート・スーパー・各種製造メーカー・農業など手がけ、スーパーゼネコン「榮民工程處」の上部組織である。

※阿尾博政理事長は、1977年に日本初の表彰を受け、在台日系企業約3000社、日本人会、日商工会と緊密な連絡を取り合う関係性を築く。

  • 国民党(中央党部、海外工作会、大陸工作会)
  • 国防部(情報部)
  • 調査局

国営企業

中国電力、中国石油(CPC)、 台湾糖業 (台湾製糖)、台湾塩業、台湾農林、中国鋼鉄など

スポーツ関係

体育委員会、中華民国剣道協会、中華民国棒球(野球)協会、海洋少年団など

その他各団体

  1. フォルモサ・シニア会 (フォルモサとは 「うるわしの島」)
    会員資格は、在台10年以上の日本人。近年は台湾人で理解ある台湾人も入会。
  2. 太極門
    台湾で最大手の太極拳の会。会員数数万人。代表者とも緊密な連絡を取り合りあい、活動に協力。
  3. 洪門
    中国伝統の特別Group。軍人・警察・情報機関の組織との交流。
  4. 台北日本人学校 文部科学省管轄化の小中学校への協力。
  5. 財団法人 台湾佛教慈善事業基金会 1966年4月14日設立
    本部:台湾花蓮県 日本本部:新宿区
    仏教系の慈善団体で、3/11震災復興基金として五十億円被災者に提供。
  6. 台湾日本人会・台北市日本工商会

日本での当会活動を・・・・国政関係者

綿貫民輔   元国会議員

亀井静香   国会議員

中川秀直   元国会議員

木村太郎   国会議員

宮腰光寛   国会議員

石原慎太郎  元東京都知事(親台湾派)

中屋文孝   東京都議会議員

経済交流

  1. A社大型コンピューターを誉政署へ納入
  2. B建設榮民工程處との合作に協力(10大建設の中の8事業)
  3. C建設台湾での法人設立に協力
  4. D工業よりの協力活動雪山トンネル工事(台湾県)の出水事故修理依頼
  5. E社台湾電力入札に協力
  6. F商事中国石油(台湾)のタンク建設と安全性の問題解決処理に協力
  7. G油脂(子会社)自動車生産設備納入に協力(榮民工程處Group)
  8. H社IT及び台湾新幹線導入時の窓口協力
  9. Iメーカー台湾における半導体下請けメーカー開発に協力
  10. J広告社政府への入札に協力する
  11. 台湾電力・中国石油・榮民工程處環境保署等と日本有名企業との間の受注・合作協力
  12. 台湾より日本の公共事業についての視察と意見交換
  13. 各種展示会についての相互観察・実施
  14. 中小企業間の技術協力と親善交流・OEM生産についての協力
  15. 台湾企業の日本企業への視察・合作の協力

文化・スポーツ交流

  1. 茶道―裏千家による親善交流・生花―嵯峨流による親善交流
  2. 海洋少年団の相互訪問による親善交流
  3. 相互の古典音楽・舞踏による親善交流
  4. 居合道―中華電視及びその他において模範試合
  5. 柳生新蔭流―台湾において親善試合
  6. 台湾少年団―日本における親善試合
  7. 日本プロ野球有名選手による指導
  8. 留学生の相互派遣についての支援